2017.09.02美容

唇の荒れや炎症におすすめのリップケアオイルは「モアリップ N (医薬品)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのリップケアオイル
※画像はイメージです

 

リップを何回塗ってもすぐ唇が荒れてしまう・・・

特にデスクワークで室内にいると、エアコンの風などで唇が乾燥しやすいですよね。

紫外線や乾燥、口紅による荒れなどリップに関する悩みは尽きません。

口唇炎や口角炎に発展してしまうと、直すのにも時間がかかってしまいますよね。

目に付きやすい口元だからこそ、いつもキレイな状態でいたい女性は多いもの。

 

口唇炎や口角炎でも使える、医薬品のリップがあるのをご存じでしたか?

一般のリップでは刺激が強すぎて使用出来ない時にも、この1本があれば大丈夫!

今回は医薬品のモアリップについてご紹介しましょう。

 

医薬品のモアリップはココが違う!

ドラッグストアやスーパーなどで簡単に購入出来るリップには、化粧品・医薬部外品・医薬品の3種類があります。

ちなみに薬用と書かれている商品は“医薬部外品”の部類に入り、治療ではなく予防を目的とした商品に適用されています。

 

モアリップのおすすめポイントその1は、「医薬品」である事です。

モアリップは口唇炎・口角炎治療薬と表記があり、第3種医薬品として販売されています。

医薬品とは、治療を目的として作られた商品で、薬事法に則り厚生労働省の認可が必要な商品です。

それを踏まえると“高い効果で確実に唇のトラブルをケアしてくれるリップ“ということですね。

 

モアリップには唇のトラブルに効果的な5つの成分が配合されていますので、詳しく見てみましょう。

 

  • アラントイン

荒れてしまった唇の再生・修復を促してくれる成分。

  • ビタミンE

皮膚の新陳代謝を活発にしてくれる成分で、めくれてしまった唇の皮を修復してくれる成分。

  • グリチルレチン酸

唇の炎症を抑え、腫れを鎮める作用のある成分。

  • ビタミンB6、パンテノール

皮膚や粘膜を正常な状態に戻してくれる成分。

 

使用感の良さが人気の秘密!

人気の秘密は使用感の良さ
※画像はイメージです

 

モアリップのおすすめポイントその2は、使用感の良さです。

チューブタイプで伸びがよく滑らかなテクスチャ。

油分と水分のバランスが良く、時間が経過しても潤いを感じられるリップです。

モアリップは、油分が潤い成分を閉じ込め、唇もしっかり守ってくれる成分配合のため、塗り直し頻度も少なくて済むのがメリットです。

 

リップケアをしても、すぐ取れてしまったり、塗り直しの頻度が高い商品では手間と感じてしまいますよね。

食事などで取れてしまった場合には塗り直す事がありますので、ポーチの中にスッと収まり持ち運べるコンパクトサイズというのはとても便利です。

 

価格に見合うその効果

コスメの口コミサイトでも人気の高い、モアリップ。

モアリップのデメリットとして注目されがちなのが価格ですが、リップにしては少々お高めの1,296円(税込、希望小売価格)。

しかし、唇の荒れを確実に直してくれる医薬品なので、他のリップとの差は出て当然と言う声も。

 

モアリップは口唇炎や口角炎だけでなく、唇の荒れを直してくれるリップです。

寝る前に塗布することで、リップパックの効果が得られ、口紅やグロスの下地としても活躍してくれます。

1本で幾通りもの使い方の出来るモアリップは、断然コスパ◎の商品と言えます。

 

年中活躍するモアリップ

年中活躍するモアリップ
※画像はイメージです

 

モアリップは口唇炎や口角炎を治すだけでなく、唇が荒れやすい季節の潤いケアとしても使用が可能です。

唇が荒れやすい季節は冬と思いがちですが、夏もまた紫外線やエアコンなどによる乾燥で唇はダメージを受けています。

唇が荒れてしまうと、せっかくの可愛いグロスも引き立ちませんよね。

定期的にモアリップによりリップケアを行う事で、プルンプルンの唇を手に入れて下さいね。

 

モアリップは口唇炎、口角炎の治療用として販売されているため、症状が5,6日使用しても良くならない場合は医師や薬剤師に相談をして下さい。

 

おわりに

モアリップは治療効果も使用感もおしゃれにも優れたリップなことを紹介してきました。お値段は一般のものよりも高めですが、それに見合う効果は期待できます。ぜひ一度手にとってみてください!

 

参考情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

Y Kohei

高校時代から4年間家電量販店でアルバイト。 また社会人になってからも大手家電量販店で4年間勤続した家電に関するエキスパート。 また、2児の父でもあり、子育てに関する情報収集に余念がない