2018.03.06美容

水溶性だから安全で無臭、除光液要らずの上羽絵惣「胡粉ネイル 桃花色」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

除光液要らずの胡粉ネイル

※画像はイメージです

 

きれいな爪先は、女性の魅力をぐっと上げてくれますよね。最近は、多くの女性がネイルをしています。中には、自分でネイルをする方もいることでしょう。

しかし、マニキュアの刺激的な臭いがどうしても気になってしまい自分でネイルをしたいけどできないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、上羽絵惣(うえばえそう)「胡粉(ごふん)ネイル」です。

今回は、上羽絵惣「胡粉ネイル」の魅力をご紹介します。

 

マニキュアのデメリットは?

マニキュアのデメリット

※画像はイメージです

 

マニキュアは、除光液があれば、すぐに落とすことができますから、ネイルのデザインを頻繁に変えることが可能です。その日のファッションや気分に合わせて変えられるのがマニキュアのメリット。そのため、長持ちするジェルネイルが普及した今でも人気のあるアイテムです。しかし、マニキュアにはさまざまなデメリットがあります。

 

においが刺激的

マニキュアを塗るときに、どうしても感じてしまうあの刺激臭。マニキュアは約20種類以上もの化学物質で構成されています。そのさまざまな元素が組み合わさって化学変化が起こることで、刺激的なにおいが発生するのです。においに敏感な方の場合、頭痛やめまいがすることもあるでしょう。

 

除光液は爪を傷める

実は除光液は爪を傷める原因になります。

除光液にはアセトンという化学物質が含まれており、爪の再生を遅くしたり、爪表面の剥がれ・乾燥を招いたり、爪の変色や二枚爪などのあらゆる悪影響をもたらすでしょう。

頻繁に除光液を使用していると爪がボロボロになってしまうこともあるかもしれません。

 

上羽絵惣「胡粉ネイル」がおすすめ!

マニキュアの特徴的な臭いが苦手な方や爪が弱いと感じている方におすすめなのが上羽絵惣「胡粉ネイル」。京都で生まれた和のマニキュアの魅力をご紹介します。

 

刺激臭がない

胡粉ネイルは、一般的なマニキュアのような鼻にくる嫌な刺激臭がありません。普通のマニキュアに使用されている有機溶剤が含まれていないため無臭なのです。においに敏感な方でも安心して使用することができます。

 

除光液は必要なし!

胡粉ネイルは、除光液を使用する必要はありません。

代わりに、消毒用のアルコールを使用してこすらずに簡単に落とすことが可能です。上羽絵惣では、アルコールでできた胡粉ネイル専用リムーバーも販売されています。

 

塗り心地と速乾性に特化している

発色が良く、水溶性のため塗り心地が軽いといわれる胡粉ネイル。日本画の顔料でもある、ホタテの貝殻の微粉末から作られている胡粉を使用しているため、塗り心地の良さを実現することができています。

速乾性もあり、塗ってから1~2分ほど軽く手を振るだけで乾いてしまいます。まだ乾かないうちに身の回りの物に触ってしまうという心配も少なくて済みますね。

通気性にも優れているため、爪がなんとなく苦しく感じてしまうような違和感がなくなるでしょう。

 

豊富なカラーバリエーション

豊富なカラーバリエーション

※画像はイメージです

 

いくら良いといっても、カラー展開が少ないのでは?と思うかもしれません。

実は、胡粉ネイルは、カラーのバリエーションが豊富で、それぞれに京都を思わせる豊かな名前が付けられています。紫苑(しおん)、珊瑚(さんご)、おみかん、京紅(きょうくれない)、桃真珠(ももしんじゅ)などまさに和を感じるマニキュアが約40種類。カラーだけでなく、ベースコートもあります。

 

中でもおすすめなのが桃花色

その中でも特におすすめなのが、京都の春を感じさせる「桃花色(ももはないろ)」。淡いピンク色がまるで桃の花の色を連想させます。春の訪れを待ちわびる女の子のような美しい色合いは、どんな女性もかわいらしく変身させるでしょう。

 

おわりに

胡粉ネイルは天然素材を利用した爪に優しいマニキュアです。刺激もにおいも気になりません。そのため、妊娠中の方やお子さんなどでも比較的安心して使用することができます。

親子でネイルを楽しめるのも、上羽絵惣「胡粉ネイル」の魅力の1つです。ぜひ、「胡粉ネイル」でかわいいネイルをしてください。

 

参考情報

  • 商品名:胡粉ネイル 桃花色 N0045
  • メーカー、販売者:上羽絵惣
  • サイズ、重量:10ml
  • 価格:1,300円(税込)
  • 販売チャネル:胡粉ネイル公式通販
  • メーカーURL:https://www.gofun-nail.com/item/5282.html

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加