2019.02.03グルメ , レジャー

光が丘駅周辺のお勧めテイクアウト飲食スポットをご紹介します!公園編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージです

みなさんは食事の「テイクアウト」ってよくしますか?私は店内が混んでいたりするとよく利用するんですけど、いつもどこで食べようか迷います。そんなわけで今回はテイクアウトした食事を食べられる公園を光が丘駅周辺で3つご紹介します!どうぞご覧ください☆

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:光が丘公園

※写真はイメージです

光が丘駅から徒歩約8分の所にある光が丘公園、光が丘団地に隣接する練馬区最大の公園です。とにかく広くて園内施設が充実している光が丘駅!施設を一部ご紹介、区立光が丘図書館、バスケットゴールやテニス練習ボード、バーベキュー広場、土日祝日に開園されるバードサンクチュアリもありさまざまな野鳥を見る事ができます。もちろんたくさんの遊具が揃うちびっこ広場では小さなお子さまから小学生、健康遊具もあるので大人まで楽しめます。また水景広場には噴水もありますので夏は水遊びを楽しむ事ができます。1日かけても遊びつくせないほど充実した施設で、休日ともなるとレジャーシートにお弁当を持った家族で大賑わいです。

でも家族向けだけではなく、光が丘公園はカップルやご夫婦のデートにもぴったりなんです。広い芝生広場はのんびりできるのでおススメですし、秋の紅葉の季節は真っ赤に色づいたケヤキや黄金色のイチョウ並木のデートコースを散歩なんていうのも素敵です。その他にもマテバシイ、ツツジ、キンモクセイ、トチノキなど、どの季節にも緑や花が楽しめます。光が丘公園は近くにスーパーもありますし公園内には焼きたてのパンが買える売店もあります。ベンチも数多く設置されていますのでテイクアウトスポットとしても最高なんです。駐車できる台数は限られますが駐車場もありますので、いろいろ持ち込んでピクニックというのもいいですね!

最後に光が丘公園のイベントを一部ご紹介します。毎年楽しいイベントがたくさん開催されているので合わせて足を運んでみるのもいかと思います。毎年5月に開催の練馬こどもまつり、毎年7月に開催される光が丘よさこい、ゴールデンウィーク中に開催されるハワリンバヤル (モンゴルを紹介する日本最大級のモンゴルのフェスティバル)などがありますよ。このように魅力がいっぱいの光が丘公園、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:四季の香公園

※写真はイメージです

光が丘駅から徒歩約8分の四季の香公園、光が丘団地に囲まれた、広い公園です。公園内には複合遊具、ロープジャングルジム、ブランコ、砂場の基本的な遊具のほか、噴水もあり夏になると子供たちが水遊びをする姿が見られます。遊具以外にも四季の香公園では他の公園とは少し違うものも楽しめます。園内には洋式庭園、バラ園、ハーブ園、マグノリア園、道路を挟んだ以前温室植物園のあった跡地にローズガーデンがあり、四季折々の草花が楽しめるようになっているんです。しかも無料で!驚きですよね。

バラ園では約40種・400本のバラ、ハーブ園では約30種類のハーブ、マグノリア園には練馬区の木・コブシをはじめとした樹木たち…マグノリア園(3月下旬から4月上旬)春バラ(5月中旬から5下旬頃)秋バラ(10月下旬から11月中旬頃)と春先から見ごろはずっと続きます。最初に紹介した遊具等がある広場にベンチも設置されているので、ぜひなにかテイクアウトして四季の香り公園で食事してみてはどうでしょう。バラの香りに包まれての食事なんて凄く贅沢!公園内には自動販売機もありますのでお散歩の休憩にもぴったりです。

最後にローズガーデンについて…「バラの香り」をテーマとした庭となっています。ダマスク、ティー、フルーティー、ブルー、スパイシー、ミルラ、6種類のバラの香りが楽しめるバラ園で環境省が主催する第10回「みどり香るまちづくり」企画コンテストで「におい・かおり環境協会賞」を受賞したそうです。平成28年5月オープンの新しい施設となっていますので、これからイベントなども増えていくことに期待もできますね!こちらローズガーデンを含め、四季の香り公園はデートにも家族連れにもぴったりの場所です。バラの開花状況はオフィシャルサイトでも確認できますので、ぜひチェックしてからお出かけしてみてはいかがでしょうか?

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:秋の陽公園

※写真はイメージです

光が丘駅から徒歩15分の秋の陽公園、なんと田んぼがあります!練馬区内では唯一の田んぼのある公園です。それもびっくりですが、秋の陽公園の入り口はとっても立派!こちらにも驚いてしまいます。昔の農家の長屋門をイメージしているのだそうです。公園内も原っぱやため池など田園地帯だった頃の光が丘の姿を見ることが出来るつくりの公園になっています。このあたりは昭和初期まで豊かな水田の広がる地域だったのだそうです。公園内では田んぼを中心として季節の移ろいを楽しむ事ができます。早春のレンゲの花、春の田植え、夏の青田、秋には黄金色の稲穂の波、そして稲刈り…区内ではなかなか見ることができない風景です。この一連の稲作作業は近隣の小学校と一緒に行われており、「田起こし」や「田植え」「稲刈り」といった農作業風景を見ることができます。体験する小学生たちはもちろんですが、大人でも稲作作業を見たことのない方は感動すると思いますよ。田んぼに水がはってある時には水辺の生き物の観察、稲や周りの植物の観察をすることができます。

公園内に遊具はありませんが夏には虫取り網を持って駆け回る子供たちの元気な姿、池でザリガニ捕りをして泥だらけになる姿などが見られます。光が丘ではここでしか見られない、体験できないことがたくさんある公園です。家族で訪れるのはもちろん、1人でやご夫婦でもいいですね。田んぼの前にベンチを設置されているので季節ごとに違う表情を見せる稲を見ながら休憩もいいですし、何かテイクアウトしてきてランチなんていうのもいいですね。芝生にシートを敷いてのんびりというのもいいですし自然に触れに足を運んでみてはどうでしょう?

 

 

あなただけのテイクアウトスポットを探してみてください!

※写真はイメージです

今回光が丘駅周辺の公園を3つ紹介させていただきました!練馬区最大の広さを誇る光が丘公園、バラ園・ハーブ園などが無料で開放されている四季の香公園、練馬区内で唯一水田のある秋の陽公園…ぞれぞれ特色のある公園でどこにいこうか迷ってしまいますね。誰と一緒か、何をメインとするか、どこで食事をテイクアウトするのかによって利用する公園は変わると思います。今回紹介した公園であれば「家族と休日にピクニックに行く」場合は光が丘公園がいいと思いますし、「恋人と飲み物でも買って休憩したい」ときなんかは四季の香公園なんていいですよね。このようにいくつか公園を知っていれば選択肢も広がります!特に光が丘駅周辺には公園がたくさんありますので、自分にひったりの公園(テイクアウトスポット)を探してみるのもいいですね。

光が丘駅でテイクアウトをするならこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加