2019.03.05グルメ

川越駅周辺のお勧めテイクアウト飲食スポットをご紹介します!公園編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージです。

川越は東京からもほど近い郊外の街ですが、まるで浮世絵のような光景が広がるレトロな街並みが「小江戸」と呼ばれて、観光客に大人気となっています。そんな川越には、名物グルメもたくさんあります。特に、名産品の芋菓子をはじめとして、食べ歩きのできるテイクアウトグルメがふんだんにあるのも川越の特徴です。そんな川越特産グルメは、自宅に持って帰る前にまず、現地で味わってみましょう!なぜなら、現地で食べてみて美味しければ、さらに買い増しすれば良いので、家に帰ってから「もっと買っておけばよかった……」と後悔することもないからです。そこで今回は、そんな川越の名物グルメが落ち着いて食べられる、川越駅周辺の公園を三つ紹介してみました。

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:クレアパーク

※写真はイメージです。

川越駅は東京の池袋から急行なら30分で到着、というとてもアクセスの良いスポットです。また、川越駅はJRと東武東上線の両方の駅があるため乗降客も多く、駅周辺は商業施設が立ち並んでいて、とても賑やかなエリアとなっています。そのため、お持ち帰りのグルメのお店もあちこちにあって、食べるものには不自由しません。でも、お目当てのお持ち帰りグルメを購入したら、食べる場所を探す必要がありますね。そこで、川越駅から比較的、近い距離にあっておすすめしたいランチスポットが「クレアパーク」です。

クレアパークは川越駅から全長1kmもの長さにわたって続く賑やかな商店街、クレアモールのそばにある公園です。川越駅からは徒歩5分ほどで到着します。公園内には特にこれといった施設があるわけではないのですが、円形の噴水とこじんまりした芝生があって、座ってくつろげるベンチがいくつか用意されています。クレアパークはそれほど広い公園ではないですが、かといって狭いというわけでもなく、休日には地元野菜の朝市なども開催されています。川越駅周辺の商業施設には有名な洋菓子店やパン屋さんが何軒もあるので、パンやスイーツを買ってクレアパークで食べるのも良いですね。

クレアモールにはファーストフードはもちろんのこと、川越名物の芋菓子屋さんやたい焼き屋さんなど、いろいろなお店があって、もちろんお持ち帰りすることができます。また、テイクアウトOKの中華料理屋さんやお寿司屋さんといった飲食店も何軒もあります。スーパーマーケットなどの大型商業施設もいくつかあるので、こちらで格安のお弁当やお惣菜を買ってクレアパークで食べるのもいいですね。クレアパークは川越市の中心部にある公園で、川越駅だけでなく、西武新宿線の本川越駅からも近いので、こちらの公園のことを知っているとなにかと便利です!
 

 

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:仙波河岸史跡公園

※写真はイメージです。

川越駅から南東方向に15分ほど歩いていくとたどり着くのが仙波河岸史跡公園です。こちらの公園は、かつて船で荷物を運ぶ際の船着場として利用されていた場所を公園にしたものです。そのため、池や川など、水のあるスポットが公園内にいくつか点在しています。園内にはトイレもありますし、あずまややベンチ、休憩デッキなども設置されているので、お弁当やテイクアウトしたものを食べるのにはぴったりの場所です。

また、園内は自然に恵まれていて、森があったり、水が湧いているところや小川のせせらぎがあったりと、川越駅に近い住宅地にありながら、豊かな自然を満喫することができます。また、ウッドデッキの遊歩道を歩いていると、まるで山道をハイキングでもしているような気分になれますよ!水生植物や野鳥を観察できるスポットもあって、植物や鳥が好きな方にはたまらない場所となっています。さらに、公園横の坂道を上っていくと、仙波愛宕神社があります。公園を散策した後はお参りしてみましょう。仙波愛宕神社は小高い丘の上に建つ神社ですが、実はこの丘は愛宕神社古墳という古墳です!古墳の上に建つ、珍しい神社ということで、歴史好きな方ならちょっと覗いてみたいスポットです。

仙波河岸史跡公園で食事をするならば、やはりあずまやで落ち着いてご飯を食べるのが良いですね。近隣にはあまりテイクアウトの食品を売っている店はないので、川越駅周辺で買っておいて、こちらで食べるというパターンが良いでしょう。仙波河岸史跡公園はトイレも完備されているので、場所を覚えておくとトイレが近い人は特に重宝しますよ!

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:滝の下公園

※写真はイメージです。

滝の下公園は仙波河岸史跡公園から100mほど離れた場所にある公園です。こちらの公園は特に、子供連れで来た場合に最適なスポットとなります。というのも、園内にはジャングルジムや滑り台、ブランコなどの遊具が揃っているのと、かなり広いグランドのような広場がメインの公園なので、子供と一緒にいろいろと遊べるからです。とはいっても、滝の下公園は児童公園ではなく普通の公園なので、大人が一人で休憩するのにもぴったりのスポットです。

滝の下公園にはベンチがいくつもあって、その他にも座ることのできる動物の置物などもあるので、お弁当を食べる場所には不自由しません。ただ、こちらの公園も仙波河岸史跡公園と同じく、周囲にテイクアウトの食べ物を販売しているお店があまりないので、川越駅周辺で飲み物や食べ物を買っておいた方が良いでしょう。また、滝の下公園は春には園内に植わっている桜が満開になるので、軽くお花見をするのにも良いスポットです。公園の側面にはあちこちに木が植わっているため、夏の暑い時期でも強い日差しを避けることができます。

それと、近くの仙波史跡公園は木が茂っていて森林のような場所があちこちにあるので、夕方などは女性一人の場合、少し不安を感じることがあるかもしれません。そんな時はもう少し歩いてこちらの滝の下公園に来れば、基本的にだだっ広い広場の公園なので、女性一人でも安心してご飯を食べることができます。ちなみに、滝の下公園の隣は川越市環境センターとなっています。

 

あなただけのテイクアウトスポットを探してみてください!

※写真はイメージです。

川越は特産品のさつまいもを活かしたテイクアウトグルメが有名で、大学いもやおさつチップスなどさまざまな芋グルメがあります。また、駄菓子やお菓子の生産・販売が昔から盛んな場所としても知られていて、観光スポットの菓子屋横丁にはたくさんの特産お菓子が販売されています。また、川越駅周辺はかなりの繁華街なので、都会で買えるような持ち帰り食品は、たいてい、市の中心部で手に入れることができます。そんな川越の昼食グルメは、お店で食べるよりも公園でリラックスしながら食べるのがぴったりです。特に家族連れで川越を訪れるならば、こちらの記事で紹介した公園のことを覚えておけば、節約しながら美味しくて楽しい川越観光とグルメ体験を味わうことができるでしょう!それだけではありません。川越駅周辺はこちらで紹介した公園よりもう少し足を伸ばせば、川越水上公園や川越運動公園といった、さらに広々とした公園がいくつもあります。そういった公園を地図で調べて行ってみれば、川越観光と公園でのレジャーとの両方が楽しめますよ!
川越駅周辺でテイクアウトをするならこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加