2019.03.06グルメ

北千住駅周辺のお勧めテイクアウト飲食スポットをご紹介します!食べ歩き編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージです。

北千住駅は、23区のなかでも北部に位置していて、東京駅まで20分、新宿にも34分と近く、つくばエキスプレスなら秋葉原駅まで10分で到着します。都心と埼玉・茨城・千葉を結ぶターミナル駅として、JR、東京メトロ、東武線、つくばエキスプレスが乗り入れています。駅にはルミネやマルイもあり、駅がショッピングスポットになっています。さらに周辺には商店街が広がり、カフェ、ファストフード、スイーツ、ラーメンなどジャンルも様々でたくさんの飲食店が並び、東京藝術大学や東京電機大学などのキャンパスもあることから、学生向けのお店も数多いところです。

北千住は人情溢れる下町のイメージですが、実はハンバーガー激戦区ともいわれるほど、ハンバーガーの人気店がひしめき合っているエリアとしても知られています。こちらに来たら、手作りのジューシーなハンバーガーをお試しください。

北千住駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:きたろーど1010

※写真はイメージです。

そんな北千住でテイクアウトを食べ歩けるスポット1つめは、きたろーど1010です。北千住駅の西口を出ると、目の前にアーケードが見えますが、そこが商店街のきたろーど1010です。マルイも駅からすぐ右に見えます。ファッションの発信地のマルイですが、北千住店は地下と1階が食遊館になっていて、お惣菜やお弁当、スイーツなど約80店舗が入っています。こちらでテイクアウトを選ぶのもいいですね。8階まではファッション関連のショップで、9階がレストラン街です。マルイの前のスペースは、冬になるとイルミネーションでライトアップされきれいですよ。かつての北千住は宿場町として多くの旅人で賑わっていて、その頃の街を基に発展したことから、現在でも道幅は細くて長く続いているのが特徴です。道が細いので、規模が小さめのショップが多く並んでいます。

アーケードがあるきたロード1010なら、歩いていても天気の影響をあまり受けないのがいいですね。きたロード1010は、駅に近いほうがAブロック、奥がBブロックとなっています。Aブロックには銀行や不動産などショップというよりも生活に関するお店が多めで、Bブロックにはスーパーや飲食店などグルメが集まっています。テイクアウトするときは奥にあるBブロックまで行ってみましょう。このあたりのお店は古くからある個人店が中心なので、そこでしか買えない名物があります。お店の方も話し好きで人当たりがいいので、千住の話を聞いてみるのも楽しいですね。

 

北千住駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:北千住宿場町商店街とほんちょう商店街

※写真はイメージです。

テイクアウトの食べ歩きスポットの2つめは、北千住宿場町商店街(サンロード商店街)とほんちょう商店街です。きたろーど1010を挟んで、かつて日光街道だった道に、今は2つの商店街があります。北には北千住宿場町商店街(サンロード商店街)で、南はほんちょう商店街となっています。

手作りハンバーガーは駅周辺でも食べられますが、北にある北千住宿場町商店街(サンロード商店街)では、手作りハンバーガーだけではなくお酒や料理も楽しめるお店があり、ファストフードとしてではなくお酒を楽しむ料理として味わえます。日光街道として賑わっていた頃の面影が今もあちこちに残っているのもこのあたりで、北千住駅から商店街を北に7分ほど歩くと、当時の千住の様子を伝えてくれるレトロでオシャレな建造物が見えてきます。1855年に建てられ紙問屋を営んでいた旧家の横山家です。木造二階建ての住宅は昭和11年(1936年)に改修されていますが、ほぼ建築当初の姿のまま残っています。近くには、江戸時代から続いているお店や名物のだんごなどもあり、水戸街道との分岐点を示す碑があるなど、現在でも宿場町の雰囲気を残している場所です。

南側にあるほんちょう商店街も北千住らしい昔ながらの商店街で、焼肉やホルモン、居酒屋など飲み屋系のお店が多くあり、仕事帰りのサラリーマンやお酒好きの憩いのスポットとなっています。ほんちょう商店街は、「くらしに役立つ本町センター」をコンセプトとして、地元の方々の生活を支えている商店街として親しまれています。こちらには、ファストフード、ファミレス、コンビニなども並んでいて、まさに生活密着の商店街です。さきほどハンバーガーをご紹介しましたが、北千住はラーメンの名店も多いグルメタウンで、ラーメンを食べるためだけに北千住を訪れる人もいるほどです。ラーメンの味は醤油や塩などバリエーションが豊富で、自分好みの味もいろいろなので、口コミや雑誌の情報で人気のあるお店でも、実際に食べてみないとおいしいかどうかわかりませんよね。千住宿場町商店街とほんちょう商店街を歩いて、気になったラーメン屋に飛び込んでみましょう。お気に入りのラーメンが見つかるかもしれませんよ。歴史ある千住らしく、ほんちょう商店街近辺にはなんと、小説の舞姫などで知られている、文豪の森鴎外が住んでいたそうです。鴎外は医者もしていましたが、同じく医師だった父が病院を開業した場所が今のほんちょう商店街近くで、その病院で鴎外も医療活動をしていました。テイクアウトを食べながら、あちこちに歴史が残っている北千住駅周辺をじっくり散策する楽しみ方もできます。鴎外が食べていたグルメや、お店を探してみるのも楽しそうですね。

北千住駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:荒川の河川敷

テイクアウトの食べ歩きスポット3つめは、荒川の河川敷です。北千住駅からすぐで、北方面に5分ほど歩けば、どこからでも荒川の土手にたどり着きます。川の両側には、サッカー場や、野球場、公園が延々並んでいて、学生や社会人がスポーツしているのが日常の風景です。土手はどこも、穏やかでのんびりしている空気がいいですよね。いつまでも時間を忘れて、ぼーっとできる場所です。ジョギングやサイクリングコースにも最適な荒川の土手は、埼玉とディズニーランドのすぐ隣の葛西臨海公園にまで繋がっています。北千住駅からまっすぐ西に向かうと国道4号線に出るので、それを右に進んでいくと土手の手前に足立区立中央図書館が見えてきます。足立区立中央図書館は、足立区生涯学習センター(学びピア21)の1から3階にある、足立区で最も大きな図書館です。開館時間は9時から20時で閲覧席も多いので、ノートパソコンを持ち込んで音楽を聴きながら作業も行えます。

荒川近くには、テイクアウトを買えるお店が少ないので、4号線沿いか、土手に行くまでの北千住駅から北千住宿場町商店街(サンロード商店街)のどこかで買うのがよさそうです。北千住駅から西に行くと商店街がありますが、そこを通り過ぎて次の信号を右に曲がると小学校と温水プールがある通りに出ます。こちらは、イタリアンやバルなど個人店経営のお店が多めで食事メインがほとんどですが、ここでしか買えないテイクアウトグルメを探してみるのもいいですね。

 

あなただけのテイクアウトスポットを探してみてください!

※写真はイメージです。

いかがでしたでしょうか?北千住は最近特に人気の街で、住みたい街ランキングでも上位に入るほどです。駅も大きく、グルメやファッションのショップが駅周辺に集まっているので、買い物しやすい環境です。様々な魅力がある北千住なので、商店街にある地元の人気店や、オシャレなレストラン、マルイの地下など、いろいろなお店でテイクアウトを試してみてください。
北千住駅周辺でテイクアウトをするならこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加