2018.04.30グルメ

【お土産特集】あの人にホッと癒やしを贈りたい!なべしま銘茶「飛騨紅茶」(岐阜県)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岐阜名物「飛騨紅茶」

※画像はイメージです

 

日本の伝統工芸や温泉など、日本人でも和の魅力に癒される岐阜県飛騨エリア。訪れた人にしかわからない飛騨の良さをお土産に託して、大切な人にも旅のおすそ分けをしたいものです。ありきたりでなく、お手頃な価格で飛騨の癒しを感じてもらえるお土産。ここでは、岐阜のお土産としておすすめしたい「飛騨紅茶」についてご紹介します。

 

日本産の紅茶…?

古来、お茶の文化が根付いている日本ですが、国内生産されているのはほとんどが緑鮮やかな緑茶です。通常の紅茶は、茶葉を発酵させるために高温多湿な気候が適しているため、スリランカやインドといった暖かい国で生産されるイメージがあります。そのため、四季折々に気候が変化する日本では、紅茶の生産は難しいとされてきました。

 

しかし、ここ日本国内でも徐々に純国産の紅茶が生産され始めています。その中でもなべしま銘茶「飛騨紅茶」は、飛騨エリアにある特別な条件を活かし、良質な紅茶を作ることに成功しているのです。

 

決して高温多湿とはいえない地域の岐阜県で、なぜお土産としての知名度を誇るほど良質な紅茶が生産できるのでしょうか。次に、なべしま銘茶「飛騨紅茶」の特徴や生産過程のヒミツについて見てみましょう。

 

なべしま銘茶「飛騨紅茶」について

「飛騨紅茶」について

※画像はイメージです

 

飛騨紅茶は日本で生産される純国産の紅茶葉の1つです。風味の良い紅茶を生み出すために、生産量が全国でも1%未満の希少な国産品種「べにふうき」を更に改良して使用しています。「べにふうき」で作った紅茶はアッサムに似た甘い香りで、飲んだ後に抜けていく香りの心地よさも大きな特徴の1つとなっています。

 

「べにふうき」の栽培がおこなわれているのは静岡県。収穫した茶葉を収穫したその日に飛騨へ移して紅茶へと加工しています。静岡といえば緑茶の名産地ですが、そこからわざわざ飛騨へ移すのには、大きな理由があるのです。茶葉を発酵させて作る紅茶の加工には、緑茶製造の技術とは違うノウハウが必要になります。世界的な紅茶の名産地に必要な安定した湿度と気候の暖かさに、なべしま銘茶の地元である奥飛騨温泉郷の湯けむりを使用しているのです。

 

奥飛騨の温泉を利用して発酵させた純国産の「飛騨紅茶」は香り高く、日本おみやげアカデミーグランプリ金賞を受賞するほど。日本が誇れる和紅茶としても、飛騨高山の推奨のお土産品としてもおすすめできる1品となっています。

 

「飛騨紅茶」にはラベルによって3つの種類に分けられており、それぞれ違った味わいを楽しめるのだとか。各ラベルにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

3種類が楽しめる「お試し飲み比べセット」

「お試し飲み比べセット」とは

※画像はイメージです

 

なべしま銘茶「飛騨紅茶」の中でも、すべてのラベルが1度に楽しめる「お試し飲み比べセット」がお土産として人気です。ラベルの色は青・赤・紫の3種類あり、それぞれの特徴は以下の通りです。

 

青ラベル

「飛騨紅茶」の青ラベルは万能ブレンドタイプ。すっきりとした飲み口なのに薫り高く、紅茶が苦手な人にもおすすめできる上品な味わいが特徴です。

 

赤ラベル

紅茶の中でも特にミルクティーが好きな方には、赤ラベルがおすすめです。ミルクをたっぷり注いでも青緑に変色することなく、しっかりと紅茶の香りも楽しめる上質なミルクティーが味わえます。

 

紫ラベル

飛騨紅茶の良さを楽しむのに最適なのは紫ラベル。鼻に抜ける紅茶の香りは飲み干した後もカップから香ってくるほど。奥飛騨温泉の水と純国産茶葉「べにふうき」の繊細で奥深い紅茶は、ストレートで味わうのがおすすめです。

 

おわりに

紅茶の産地から輸入した安価な茶葉や、紅茶の苦み、渋みが苦手な人にこそ、なべしま銘茶の「飛騨紅茶」は試してみてほしいもの。それまで持っていた紅茶のイメージが変わるといわれる国産の和紅茶を、ぜひ飲んでみてくださいね。

 

参考情報

  • 商品名:飛騨紅茶 お試し飲み比べセット 【青ラベル・赤ラベル・紫ラベル】ティーバッグ
  • メーカー名:株式会社なべしま銘茶
  • 重量/入り数:1P(2.5g)×3個入り
  • 参考価格:楽天公式ショップ 485円(税抜) ※2018年1月現在
  • 参考URL:https://item.rakuten.co.jp/nabeshimameicha/a-111/
  • メーカーURL:http://www.nabesima.co.jp/info/meicha.html
    ※ご紹介した商品のアレルギー情報は、念のためメーカーサイトにてご確認ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加