2018.05.13グルメ

【お土産特集】岩手どころか東北代表?!さいとう製菓「かもめの玉子」の黄身餡に癒やされる~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩手名物「かもめの玉子」

※画像はイメージです

 

さいとう製菓「かもめの玉子」は、誰もが一度はお土産にもらったことのあるほど定番のお菓子です。しっとりとした黄身餡と、まるで玉子のような丸いフォルムが特徴となっています。今回は、そんな「かもめの玉子」について、誕生秘話も交えつつご紹介します。

 

 

「かもめの玉子」について

かもめの玉子について

※画像はイメージです

 

「かもめの玉子」の開発が始まったのは、昭和27年のことです。今では、新幹線の停車駅や空港でも見かける方も多いのではないでしょうか? こちらの商品がブレイクしてから岩手銘菓として知名度を高めるまでの流れをお伝えします。

 

「かもめの玉子」ブレイクのきっかけ

現在「かもめの玉子」として知られる商品は、もともと「鴎の玉子」という商品名で売られていました。初代「鴎の玉子」が発売されたのは昭和27年のこと。発売の翌年、大船渡で開催された市制記念行事のイベントの商品として進呈されたのをきっかけに、地元の評判を呼ぶこととなりました。あまりの人気ぶりに、連日売り切れ状態が続いていたようです。

 

試行錯誤により岩手を代表する銘菓に成長!

当初の「鴎の玉子」は、カステラのおまんじゅうを鉄板で焼く製法のため、完全な玉子型ではありませんでした。トレードマークである玉子型が完成したのは、昭和423月末のことです。その後、平成2年から3年連続モンドセレクション金賞を受賞します。平成11年には、商品名が「かもめの玉子」に改称されました。こうして「かもめの玉子」は、岩手県のみならず東北を代表する銘菓へと成長を遂げたのです。

 

「かもめの玉子」のこだわり

かもめの玉子のこだわり

※画像はイメージです

 

岩手県の三陸海岸には、多くの鴎が優雅に飛び立つ姿が見られます。そんな大自然で力強く生きる鴎をモチーフにしたお菓子が、「かもめの玉子」です。

 

素材へのこだわり

「かもめの玉子」の黄身餡の原料には、北海道十勝産「大手亡」が使われています。さらに、産まれたての新鮮な卵黄、ほどよい甘さの白ザラメ、北東北地方で栽培されている小麦「キタカミ」など、こだわりの食材が使用されています。これらの選び抜かれた素材が「かもめの玉子」のおいしさを作り出しているのです。

 

ほくほくとした食感

「かもめの玉子」は、ほくほくとした黄身餡をカステラとホワイトチョコレートで包んだ、全体的にしっとりとしたお菓子です。ホワイトチョコレート・カステラ・黄身餡が層になっており、まるで本物のゆで卵のように、異なる3つの食感を楽しめます。

 

甘党の方におすすめ!

一口食べればほどよい甘さが広がる「かもめの玉子」は、甘党の方へのお土産におすすめです。また、やさしい味わいでお子さんから大人まで楽しめるお菓子でもあります。第22回全国菓子博覧会において名誉総裁賞を受賞しており、老若男女問わず愛されている地元の銘菓です。

 

アレンジされた品も

定番の「かもめの玉子」のほかに、アレンジされた商品も多数販売されています。たとえば、餡の中にチョコレートクリームが入った「かもめのショコらん」は、定番の「かもめの玉子」とは一味違う味わいを楽しめます。

 

縁起ものとして喜ばれる「紅白かもめの玉子」をはじめ、季節によって異なる味わいが楽しめる「季節のかもめ」も人気商品です。春はいちご、夏はメロン、秋は栗、冬はみかんといった変わり種は、なかなか手に入らないレアな逸品。また、りんごの果肉がたっぷりと使用された「りんごかもめの玉子」は、豊かな香りが魅力です。

 

さらに、栗を丸ごと贅沢に使った「黄金かもめの玉子」は、金箔飾りがほどこされたユニークな商品となっています。バラエティに富んだ「かもめの玉子」は、通販でも購入可能です。遠方の方は通販でお取り寄せしてみてはいかがでしょうか?

 

おわりに

こだわりの素材から作られた岩手銘菓「かもめの玉子」についてご紹介しました。定番商品に加え、アレンジされた限定商品も豊富ですから、合わせてチェックしてみてください。甘党の方にはたまらない、ほどよい甘さと3層の食感を楽しめるお菓子を、お土産に選んでみてはいかがでしょうか?

 

参考情報

    • 商品名:「かもめの玉子 16個入」
    • メーカー(販売者):さいとう製菓株式会社
    • 重量、入り数:48g(1個あたり)/16個入り
    • 価格(参考価格、希望小売価格)1,814円(税込)※2018年1月現在
    • メーカーURL: https://www.saitoseika.co.jp/

※ご紹介した商品のアレルギー情報は、念のためメーカーサイトにてご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加