2017.08.01グルメ

料理に合う!おすすめの天然炭酸水はこれ!「ペリエ(perrier)330ml」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


※画像はイメージです

 

コンビニやスーパーマーケットで手軽に購入できる炭酸水。炭酸水は、お腹の張りやダイエットに良い効果をもたらしてくれるので愛飲している人も多いと思います。炭酸水をお茶やミネラルウォーターの代わりに飲むことも多いと思いますが、食事の時の飲み物としてもおすすめです。そこで今回は、料理に合う炭酸水選びに焦点を当ててみたいと思います。

料理に合わせるなら水そのものの味を楽しめる天然炭酸水がおすすめ


※画像はイメージです

 

一言で炭酸水と言っても、その種類は一種類ではありません。料理に合わせるのであれば、天然炭酸水がお勧めです。その理由を見ていきましょう。

天然炭酸水は自然に作られる炭酸水

炭酸水には、二酸化炭素を付加して人工的に作られる炭酸水と 天然の炭酸水があるんです。天然炭酸水は、湧き水を原料にしていて、取水された時点で既に炭酸水になっています。そのため、人工的に作られた炭酸水に比べると価格はやや割高な印象がありますが、人気が落ちないのはクオリティーが高いからです。

水そのものの味を楽しめる

天然炭酸水は手を加えないため、変な味付けがされていないのが特徴です。海外のレストランに行くと、水をオーダーするのか?炭酸水をオーダーするのか?聞かれることがあります。そのぐらい、料理の味を壊さない自然な飲み心地を提供してくれるのです。

 

料理に合う天然炭酸水を選ぶ基準とは?

味のクセが少ない

いろんなメーカーから炭酸水が販売されていますが、実際に呑み比べてみると味にはかなり違いがあるのが分かります。料理そのものの味を楽しみたいのであれば、なるべく癖の少ない炭酸水を選びましょう。

炭酸の強さ

味のクセも大事ですが、炭酸の強さも重要です。軽めの炭酸から、のどごしがすごい強い炭酸まであります。料理と一緒に楽しむのであれば、炭酸が強すぎるものは避けた方がよさそうです。

一回で使い切るのに丁度良い量

炭酸水は一度封を開けると、たとえ蓋をして保存していたとしても炭酸が抜けていってしまいます。抜けてしまった炭酸水は美味しくないですから、一回で使い切るのに丁度良い量を選んだ方が無難です。

 

結論!天然炭酸水は「ペリエ(330ml)」がおすすめ


※画像はイメージです

 

様々な天然炭酸水がある中で、圧倒的な人気を誇っているのは「ペリエ(330ml)」です。日本に輸入している天然炭酸水のなかでは一番有名ではないでしょうか。 どうして「ペリエ」はそこまで愛されているのでしょうか?

世界約140カ国で愛飲されている信頼感

「ペリエ」は、何と世界約140カ国のカフェやレストランで愛飲されています。その一番の秘密は、「食事を邪魔しない天然炭酸水」だからです。飲食店からすると自慢の料理を一番に楽しんでもらいたいわけですから、その味を邪魔するドリンクは提供したくありません。特に、炭酸水は料理が出る前に提供するわけですから、こだわりたいのも納得。「ペリエ」が愛されている理由もわかりますね。

品質が安定している

天然炭酸水は「天然」である以上は、自然の摂理によって品質が変動しやすいのがデメリットです。ところが、「ペリエ」は品質の安定度が人気となっています。その秘密は、「取水される地域が環境保護地域として守られているから」です。「ペリエ」は、南フランスを原産地にしています。水源付近は1300ヘクタールの広大な土地があり、そこで品質を維持しているのです。だから、安定した天然炭酸水を作り出すことができるんですね。「いつ飲んでもあの味がする」わけですから、世界中で愛されているのも納得できます。

330mlなら一回で使い切れる

「ペリエ」は様々な容量で販売されているのですが、330mlというのは、1回で飲みきるには丁度良い量なんです。一人で飲みきるのにちょうど良いので一人暮らしでも使いやすいでしょう。初めてペリエを購入する時に容量に困ったら、とりあえず330mlから試してみはいかがでしょうか?

 

おわりに

天然炭酸水「ペリエ」は一度口にすると病みつきになること間違いなし。味も良くて美容にも良いアイテムなので、ぜひ一度使ってみてください。

参考情報

・商品名:ペリエ330ml

・原産地:南フランス

・硬度:軟水

・メーカー、販売者:ネスレ

・価格:Amazon 1本あたり 200円(税込)※2017年7月現在

・参考URL:www.amazon.co.jp/dp/B001TZ1ROS

・ メーカーURL:http://perrier.jp/product/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

Y Kohei

高校時代から4年間家電量販店でアルバイト。 また社会人になってからも大手家電量販店で4年間勤続した家電に関するエキスパート。 また、2児の父でもあり、子育てに関する情報収集に余念がない