2018.05.17グルメ

【お土産特集】さすが米どころ新潟県!菓子処さとや「八海山酒粕入りさとやバウム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟名物「八海山酒粕入りさとやバウム」

※画像はイメージです

 

新潟県には、米どころならではのスイーツがあります。新潟産のお米を贅沢に使用して造る日本酒「八海山」の酒粕と、こだわりの素材を合わせたバウムクーヘンは、お土産にもぴったりです。今回は、魚沼の恵みがたっぷり詰まった、菓子処さとや「八海山酒粕入りさとやバウム」の魅力をご紹介します。

 

「八海山」について

八海山

※画像はイメージです

 

「八海山」は、日本酒ランキングでも常に上位にランクインするほど、不動の人気を誇る銘柄です。その知名度は、日本酒好きな方で名前を知らない方はいないほど。まずは、新潟が誇る銘酒「八海山」についてご紹介します。

 

八海山の特徴

「八海山」の製造元である八海醸造は、高品質な日本酒をたくさんの人に飲んでもらいたいという考えから、こちらの商品を造りました。そんな「八海山」の特徴は、何と言ってもその品質の高さにあります。普通酒に使うお米は吟醸並みに、吟醸に使うお米は大吟醸並みに削るなど、すべての商品の品質を高めるような酒造りをしています。

 

日本酒を作るためには、お米の中心部分にあるでんぷん質の糖分を利用しますが、その周囲を削った割合が高ければ高いほど、味や香りのランクがアップすると考えられています。しかし、削れば削るほどお米が小さくなるため、その分たくさんのお米を使用するため、値段が上がってしまうのです。

 

商品の品質を高める酒造りにより生まれた「八海山」。菓子処さとや「八海山酒粕入りさとやバウム」に使用されている酒粕は、そんな「八海山」の酒粕です。
菓子処さとやのこだわり

 

「八海山酒粕入りさとやバウム」について

※画像はイメージです

 

「八海山」の酒粕が練り込まれた「八海山酒粕入りさとやバウム」は、一層一層丁寧に焼き上げられた逸品です。こちらの商品の特徴をご紹介します。

 

菓子処さとやのこだわり

菓子処さとやは、工房と店舗が一緒になっているのが特徴のお店です。職人の思いが詰まった作りたてのお菓子が、そのまま店頭に並べられています。それぞれのお菓子には魚沼産の素材が使用されており、何度も試行錯誤を重ねて作られました。このようなお菓子作りへのこだわりから、「八海山酒粕入りさとやバウム」をはじめとした、独自の商品が誕生しています。

「八海山酒粕入りさとやバウム」の食感

那須御養卵を贅沢に使用した生地に米粉を合わせ、「八海山」の酒粕を練り込んで作られた「八海山酒粕入りさとやバウム」の生地は、しっとりとした食感が味わえます。表面のシュガーコーティングにも「八海山」の大吟醸が使用され、日本酒の気品ある香りをまとわせているのが特徴です。日本酒特有の香りがあるもの、ほのかに風味を感じる程度でそれほど主張が激しくないため、お酒が苦手な方にもおすすめできる商品です。

 

どんな方におすすめ?

魚沼の恵みを詰め込み、パティシエが手間暇かけて作った「八海山酒粕入りさとやバウム」のおすすめポイントをご紹介します。

 

日本酒が好きな方におすすめ

日本酒が好きな方はもちろん、普段は日本酒を飲まない方や、酒粕が苦手という方でも、「八海山酒粕入りさとやバウム」はおいしくいただけます。おやつとして濃いめのコーヒーに合わせたり、日本茶に合わせたりするのもおすすめです。日本酒を嗜まれる方は、ぜひ「八海山」とのペアリングをお楽しみください。

 

大人なお土産をお探しの方におすすめ

まさに大人のお菓子といった印象の「八海山酒粕入りさとやバウム」は、上品な甘さが特徴で、甘いものが苦手な方でも最後まで飽きずに食べられます。お酒が好きな目上の方へのお土産としても、ぜひおすすめしたい逸品です。

 

おわりに

新潟県魚沼市が誇る銘酒「八海山」の酒粕が練り込まれた「八海山酒粕入りさとやバウム」をご紹介しました。地元のこだわり素材をふんだんに使用し、丁寧に焼き上げられたバウムクーヘンは、特に日本酒がお好きな方におすすめです。米どころ新潟県らしいお土産に、こちらのお菓子を選んでみてはいかがでしょうか。

 

参考情報

    • 商品名:「八海山酒粕入りさとやバウム」大
    • メーカー(販売者):菓子処さとや
    • 重量、入り数:1個
    • 希望小売価格:2,592円※2018年1月現在
    • メーカーURL: http://www.uonuma-no-sato.jp/

※ご紹介した商品のアレルギー情報は、念のためメーカーサイトにてご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加