2018.07.05グルメ

じっくり煮込んだブイヨンが決め手♪帝国ホテル「シュリンプカレーマドラス風」はギフトにもピッタリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帝国ホテル「シュリンプカレーマドラス風」

プリプリしたエビの食感と、じっくりと煮込まれたブイヨンの風味は、ホテルレストランから生まれた逸品。今回は、ご自宅用や大切な方へのギフトにもおすすめの、帝国ホテル「シュリンプカレーマドラス風」をご紹介いたします。冷凍品で簡単に調理できる、お手軽でリッチなカレーをお楽しみください。

 

帝国ホテル「シュリンプカレーマドラス風」について

帝国ホテル

帝国ホテルといえば、1890年(明治23年)から続く長い歴史を持つ、“日本の迎賓館”としてお馴染みのホテルです。そんな帝国ホテルには、国内の美食家だけでなく世界中のVIPが味わった、特別な料理の数々が存在します。この特別なホテルレストランの味をご家庭でも気軽に味わえるようにと誕生したのが、食品メーカーの「帝国ホテルキッチン」です。

 

今回ご紹介する帝国ホテル「シュリンプカレーマドラス風」は、この帝国ホテルキッチンから発売されている冷凍品。ホテルレストランだからこそ実現できた特別な味わいを、解凍するだけですぐに味わえるようになっています。

 

帝国ホテル「シュリンプカレーマドラス風」の味わい

帝国ホテル「シュリンプカレーマドラス風」の味の決め手となっているのは、じっくりと煮込まれたブイヨンです。手間暇かけて丁寧に煮込まれたルウには、ご家庭ではなかなか出せない深みが感じられます。また、こちらのカレーは食感にもこだわりが感じられ、玉ねぎやにんじんといった野菜は、あえてみじん切りの状態で残されています。つぶつぶとした野菜の食感を楽しみましょう。また、シュリンプカレーの主役となるエビはプリプリに煮込まれ、ルウの風味とよくマッチしています。帝国ホテルキッチンがお送りする特別な逸品を、ぜひ一度ご賞味ください。

 

 

おすすめの利用シーン

おすすめの利用シーン

帝国ホテル「シュリンプカレーマドラス風」は、ご自宅用としておすすめです。シェフの味をご家庭で味わえるこちらの冷凍品は、凍ったまま袋ごと沸騰したお湯に入れて、10分程度加熱すればすぐに食べられるようになっています。調理方法が非常に簡単ですから、ご自宅用として用意しておくと良いでしょう。

 

また、こちらの商品は大切な方への贈答用としてもおすすめです。帝国ホテルの味は、特別な機会でなければなかなか味わうことがありません。いつもお世話になっている方へのギフトとして、特別なシュリンプカレーをお贈りしてはいかがでしょうか。気軽に解凍して食べられるため、受け取った方も喜んでくださるはずです。

 

帝国ホテルについて

今回ご紹介したシュリンプカレーをはじめとして、これまでに数々の美味しいお料理を、世界中のVIPに提供してきた帝国ホテル。1890年(明治23年)に開業したこちらの施設は、もともと海外からのお客様をお迎えする、日本の迎賓館でした。すでに120年もの歴史を持ち、現代においても日本に足を運ぶ方をはじめ、国内外からのゲストに真心を込めたおもてなしを提供しています。

 

帝国ホテルは、世界中の著名人が宿泊したことでも知られていますが、中でもとりわけ有名なのはマリリン・モンローです。「夜は何を着て寝るの?」という記者からの質問に対して、彼女が「シャネルの5番」と答えたエピソードはあまりに有名でしょう。実は、このときマリリン・モンローは、新婚旅行のため帝国ホテルに滞在中だったようです。この先も世界中のVIPが足を運び、また新たなエピソードが誕生するかもしれません。

 

また、帝国ホテルは日本で初めてホテルウエディングを開催したことでもその名を知られています。現在では当たり前のようにある日本の風習の先駆者として、今なお変わらぬ存在感を放ち続けているホテルと言えるでしょう。

おわりに

長い歴史を持つホテルのレストランから生まれた、帝国ホテルキッチンの味。今回ご紹介した帝国ホテル「シュリンプカレーマドラス風」は、ご自宅用としてもギフトとしてもおすすめできる逸品です。じっくりと煮込まれたブイヨンにより、ご家庭ではなかなか出せない深みのある味わいが楽しめます。世界中のVIPが味わった帝国ホテルの味を、気軽にお持ち帰りしていただきましょう。

 

参考情報

※ご紹介した商品のアレルギー情報は、念のためメーカーサイトにてご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加