2017.08.28グルメ

健康的な生活を!野菜ジュースなら伊藤園「1日分の野菜」がおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの野菜ジュース
※画像はイメージです

あなたは野菜をしっかり摂っていますか?

美容や健康のため、野菜を意識して食べている方も多いと思います。しかし毎日いろいろな種類の野菜を購入し、調理するのは大変です。また野菜の価格高騰で普段食べているものが手に入りにくい時もあります。

 

子供には野菜をしっかり摂ってほしいと食事に出しても好き嫌いがあって残してしまうことも少なくありません。小さく刻んで混ぜ込んでしまうなど工夫しているお母さんも多いのではないでしょうか。

 

一方で、市販されている野菜ジュースの多くは濃縮還元タイプのもので、製造過程で野菜や果物の水分を飛ばし(濃縮)水で割って(還元)作られています。また加熱殺菌される時に熱に弱いビタミンなどの栄養素が壊れてしまいます。

 

そこで「野菜の栄養をしっかり摂れる野菜ジュース」について考えてみたところ、管理栄養士さん98%も推奨する伊藤園の「1日分の野菜」にたどり着きました。

 

今回は

  1. 1日あたりの野菜の必要摂取量
  2. 野菜ジュースがおすすめな理由
  3. 伊藤園「1日分の野菜」をおすすめするワケとは!

という項目で、伊藤園「1日分の野菜」の魅力をお伝えします。

 

1日あたりの野菜の必要摂取量

 

1日に必要な野菜の量をご存知でしょうか?厚生労働省によると成人一日当たりの野菜摂取量の目標値は350gとされています。野菜350gと聞いてもなかなかイメージ出来ないですよね。実際の野菜で350gの目安をみてみましょう。

ほうれん草・・・1束 ・かぼちゃ・・・1/3個 ・大根・・・1/3本 ・きゅうり・・・3本 ・トマト・・・3個

それぞれ350gになり、トマト3個なら毎日食べることも出来そうですが、実際には廃棄部分も出ます。また、緑黄色野菜100~150g、淡色野菜200gいも類100gをバランスよく食べるのが理想です。

ちなみに、キャベツの千切りは片手をかぶせた量がだいたい100gと言われます。

野菜ジュースがおすすめな理由

野菜の必要摂取量
※画像はイメージです

これだけの野菜を毎日食べるのは大変ですが、野菜ジュースなら朝食時やおやつの時に子供からお年寄りまで家族全員で飲むことができます。

毎日朝から生野菜サラダをたっぷり食べるのは準備も大変ですし、朝は食欲がない、時間がない方でも飲むだけなのでお手軽です。

 

野菜ジュースにはビタミン・ミネラルなど野菜の栄養はもちろん食物繊維も含まれているため、ダイエットなどの美容や健康にも効果的です。

 

伊藤園「1日分の野菜」をおすすめするワケとは!

 

野菜ジュースにもいろいろありますが、比較してみると伊藤園「1日分の野菜」がやはりおすすめです。生野菜350g分の主栄養成分を算出した自社基準を基に栄養もきっちり摂れるように商品設計されており、ビタミンやミネラル、カルシウムやマグネシウムが豊富に含まれています。また、食物繊維が多いのも魅力です。

 

砂糖・食塩不使用

 

生活習慣病の原因になる食塩、肥満の原因になる砂糖は出来るだけ摂りたくありません。伊藤園「1日分の野菜」は砂糖・食塩不使用で安心して飲むことができます。

 

味の評判がいい

 

手軽に野菜の栄養が摂れる商品ですが、野菜感が強いなど美味しくなくて飲みにくいと飲み続けるのが嫌になってしまいます。伊藤園「1日分の野菜」はにんじんベースで甘みがあり、野菜本来のおいしさを活かした飲みやすいジュースで美味しいと言われています。

 

伊藤園「1日分の野菜」のデメリット

「1日分の野菜」とうたわれていますが、これを飲むだけで1日に必要な野菜の栄養を全て採れるわけではありません。より多くの栄養素を摂ろうと1日に何本も飲みすぎるとかえって体に悪く、逆効果になる可能性があります。食事もちゃんと食べたうえで、補助的に飲むようにしましょう。

おわりに

野菜ジュースがおすすめな理由
※画像はイメージです

1日分350gの野菜が摂れる伊藤園「1日分の野菜」の魅力をご紹介しました。

野菜不足を感じた時や忙しい朝には便利な野菜ジュース、普段の食事にプラスし上手に活用しましょう。

 

伊藤園「1日分の野菜」は料理にも使え、公式サイトにはレシピも掲載されています。

 

商品情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

Y Kohei

高校時代から4年間家電量販店でアルバイト。 また社会人になってからも大手家電量販店で4年間勤続した家電に関するエキスパート。 また、2児の父でもあり、子育てに関する情報収集に余念がない