2018.06.27グルメ

【お土産特集】なんとも大胆!みかんまるごとシロップ漬け!早和果樹園「てまりみかん」(和歌山県)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山県土産

和歌山県といえば日本一のみかんの里として知られています。子供から大人までみんなが大好きなみかんのおいしさをギュギュっと丸ごとビン詰めした「てまりみかん」が今、話題になっているのをご存知ですか?和歌山県のお土産に、自分へのご褒美に、お世話になっている方へのプレゼントに、喜んでもらえること必至な早和果樹園の「てまりみかん」の魅力をたっぷりご紹介します。

 

和歌山はみかんの一大産地

和歌山はみかんの産地

和歌山県はみかんの名産地として知られています。みかんの生産量は全国1位で、全国シェアの20パーセント近くを占めています。特に有田地方は400年の歴史と伝統を誇る「有田みかん」の産地であり、有田みかんだけで全国シェアの10パーセントを占めているのです。

そんな有田みかんを大胆に使って話題沸騰の和歌山土産が「てまりみかん」です。

 

みかんは栄養たっぷり!

こたつでみかんは、日本の冬の風物詩ですが、みかんには私たちの健康を守ってくれる嬉しい成分がたくさん含まれています。みかんを3、4個食べると、一日に必要なビタミンCを摂取することができると言われるほど、ビタミンCを多く含みます。ビタミンCは美白効果や免疫力を高める効果が期待できる大切な栄養素です。さらにβカロテンの5倍の抗ガン作用があると言われているβ−クリプトサンチンも含んでいます。その上、ペクチンという食物繊維もたっぷりなので、整腸作用や抗ガン作用が期待できるのです。

 

早和果樹園「てまりみかん」について

小粒なみかんを丸ごとビン詰め

早和果樹園「てまりみかん」

コロンコロンと揺れるみかんが丸ごとビン詰めされたのが「てまりみかん」。一つ一つ丁寧に剥かれたみかんを甘さ控えめのシロップで優しく漬け込んでいます。スプーンですくって丸ごと頬張ると、シロップが染み込んだ柔らかい果肉が口の中で弾けてジュワー!と広がります。シロップは甘さ控えめで保存料無添加なので、小さなお子様からご高齢の方まで安心して食べられます。みかん好きにはたまらないおいしさで、人気急上昇中の新・和歌山名物です。

 

小さなみかんが可愛くて絶品!

てまりみかんのおいしさの秘密は、3Sサイズの小粒みかん。通常市場に出回るのは2Sサイズまでとされ、直径およそ5cmの3Sサイズは規格外品。市場に出回らず、皮が薄くて甘さも抜群の3Sみかんは生産者だけで食べられていました。3Sみかんの魅力を知っていた早和果樹園のおばちゃんたちの、「これ丸ごとシロップにつけたら美味しいんちゃん?」という一言で誕生したのがてまりみかんです。

 

てまりみかんのおいしい食べ方

一口サイズでジューシーなてまりみかんは、そのまま食べても十分美味しいですが、てまりみかんのしゅわしゅわ炭酸水づけも絶品と評判です。作り方は、グラスにてまりみかんとシロップを入れて、市販の炭酸水を注ぐだけ。スッキリおいしく見た目もカワイイおもてなしジュースが出来上がりです。

 

とっても貴重!数量限定品

てまりみかんはその年の天候により生産量が増減するので、売り切れたら終了です。毎年発売されるとすぐに売り切れてしまうことから、運よくみかけたら購入するのがおすすめです。次回販売は2018年3月を予定しています。

 

おわりに

保存料・着色料無添加で、安心安全で絶品のお土産が、早和果樹園のてまりみかんです。直径5cmほどの小さなみかんなので、一口で丸ごとパクっと食べられます。シロップは甘さ控えめなので、みかん好きの方や、甘いものは苦手という方へのギフトにも最適です。

 

参考情報

※ご紹介した商品のアレルギー情報は、念のためメーカーサイトにてご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加