2017.12.23グルメ

大切な方への贈り物にもピッタリ!ペリエ ジュエの「ベル エポックロゼ 2006」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な方に贈るシャンパン

※画像はイメージです

 

最近は記念日やお祝いごとなどに、シャンパンを贈られる方が増えています。

シャンパンはきらめく泡が華やかで、ほのかなゴールドを帯びた色が上品かつゴージャス。そのため大切なときを一緒に乾杯するなら、やはりシャンパン!という方も多いですよね。

 

しかしシャンパンは銘柄・味にバリエーションがあり、そんな中から1つを選ぶというのはなかなか難しいものです。ましてやワインやシャンパンに詳しくないとなると、何を基準に選べばいいのか困ってしまいます。

そこで今回は、高級シャンパンのペリエ ジュエの「ベル エポック ロゼ 2006」をセレクトしました。大切な方へ、そして記念になるプレゼントにおすすめのシャンパンです。

 

 

セレブにも大人気の銘柄

シャンパンといえばペリエ ジュエを思い浮かべる方も多いことでしょう。日本でもとても人気のある有名な銘柄ですね。シャンパン選びに困ったときは、知名度の高さも1つの目安にするといいでしょう。

 

そもそもペリエ ジュエは1811年に創設された、シャンパーニュ地方5大老舗メゾンの1つです。ペリエ ジュエのシャンパンは、ヴィクトリア女王やナポレオン三世など歴史上の人物も好んで口にしたほど。そのクオリティーとエレガントな味わいは、今もセレブたちをはじめ世界中の方々から愛されています

 

芸術品と呼ばれるペリエ ジュエのシャンパンは、もちろん原材料のブドウにもこだわりがあります。65ヘクタールもある自社ブドウ園を保有し、その99.2%がシャンパン最高級の格付けを受けているブドウです。

 

いつの時代にも妥協を許さないシャンパンに対する情熱とその姿勢。

これこそがペリエ ジュエが愛されてきた、そして今後も人々に支持されていく理由だといえるでしょう。

 

 

繊細で力強さのあるロゼ2006

繊細で力強さのあるロゼ

※画像はイメージです

 

ペリエ ジュエのシャンパンは、フルーティーな新鮮さと力強さが特徴です。

 

中でも「ベル エポック ロゼ 2006」は、インパクトのあるフレッシュな味わいとまろやかさがバランスよく仕上がっています。

そしてすばらしい果実の風味が口の中いっぱいに広がります。

 

鼻へ抜ける香りは野生の赤い果実のような新鮮な甘酸っぱさがあり、同時にキャラメルやナッツ、ハチミツにも似た甘い香りが続きます。

上品なパールピンクのボディはほのかにオレンジに輝き、その中できめ細かな泡がかわいらしく踊っているようです。

このように感動を誘うほどの味・香り・色は、ぜいたくなひとときを過ごすためにふさわしいシャンパンといえるでしょう。

 

 

美しいボトルデザイン

美しいボトルデザイン

※画像はイメージです

 

「ベル エポック ロゼ 2006」の魅力の1つ、ボトルデザインにも注目してください。

ペリエ ジュエの代名詞でもある、アネモネの花がボトル全体に施されています。

 

このアネモネの花はガラス工芸家・エミール・ガレによってデザインされました。エミール・ガレは、19世紀末から20世紀に流行したフランスのアール・ヌーヴォー時代の巨匠です。

 

芸術的なシャンパンと、芸術的に評価も高いボトルデザインのコラボ。飲むのが惜しくなるほどの1本ですね。

ギフトにふさわしい専用ボックスも用意されており、贈られる方はもちろん、贈る側のあなたも思わずうれしくなることでしょう。

 

 

おわりに

シャンパンで有名なペリエ ジュエの芸術作品ともいえる1本、「ベル エポック ロゼ 2006」。

創業以来、歴史上の人物をはじめ世界中を魅了し続けるペリエ ジュエのシャンパンは、大切な方へむけた贈り物にピッタリです。

 

「ベル エポック ロゼ 2006」の味わい深くまろやかな口当たりは、果実のフレッシュで甘酸っぱい風味と後に残るスモーキーな香りが印象的。

そんな感動的なシャンパンは、巨匠ガレがデザインしたアネモネが咲き誇るボトルの中で美しく輝きます。また料理にも合わせやすいシャンパンで、鶏肉料理や魚介類、あるいはデザートなどにも最適です。

あなたも贈り物のシャンパン選びに迷ったときは、ぜひ「ベル エポックロゼ 2006」を検討してみてくださいね。

 

おいしいお酒を見つけられたら、おつまみやお料理にもこだわりたいもの。

EPARKテイクアウトでは「見つけて予約、待たずに受け取る。かんたんテイクアウト」できるお店をご案内しています。

ぜひ厳選されたメニューの中からピッタリのお食事をみつけてくださいね。

 

参考情報

※食物アレルギー情報につきましては、公式HPにてご確認ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加