2019.02.26グルメ , レジャー

新橋駅周辺のお勧めテイクアウト飲食スポットをご紹介します!施設編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージです

新橋といえば、サラリーマンの街というイメージがありますね。オフィス街と繁華街で構成されたような独特な場所です。リーズナブルでおいしい居酒屋は数多くありますが、お弁当を広げてくつろげるような休憩スポットは果たしてあるのでしょうか?探してみました。

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:汐留シティセンター

※写真はイメージです

汐留シティセンターは、新橋駅から歩いて5分の位置にある超高層オフィスビルです。地下4階から地上43階まであって、4階から40階まではオフィスエリアになっています。41階と42階にはスカイレストランが入っていますが、そちらに行くためには1階からレストランフロアまでノンストップの直通エレベーターに乗らなくてはいけません。ビルにはコンビニ、飲食店、ブックストアの他、クリニックや郵便局まで入っていて、ここだけで大抵の用事が済ませられるようになっています。各種ATMが揃っているのもうれしいポイントですね。

この汐留シティセンターは、オフィスビルというイメージとは裏腹に、座って休憩できるスポットが豊富にあるんです。まずは、屋外にあるテーブルセットが設置されたエリア。晴れた日にはここでコーヒーを飲んだり、ランチをとったりするのに良さそうな場所です。1階にはイートインスペースがあります。できたばかりのバーガーショップを利用してもいいですし、安くておいしいパン屋さんもあるので、ここで焼きたてパンを頬ばるのもよさそう。穴場的なスポットとしては、エスカレーター裏にひっそりと置かれたテーブルセットもあります。フードコートから独立しているので、持参のお弁当を気兼ねなく広げられそうです。2階のレストランフロアにあるフリースペースもオススメです。広々としたスペースに、カラフルなテーブルとイスが複数あって、自由に座って休むことができます。どの席も飲酒や喫煙は禁止ですが、ドリンクを飲んだりお弁当を食べたりするのには問題ありません。利用しやすそうな場所をチェックしてみましょう。

ビル内になんでも揃っているので便利なのはもちろんですが、車イス対応のトイレやおむつ替えスペース、AEDなどがあり、設備が整っているという安心感もおぼえます。喫煙所が用意されているのも、愛煙家にはうれしいですね。フリースペースが充実しているので、いろいろな過ごし方ができそうです。
 

 

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:港区立みなと図書館

※写真はイメージです

港区立みなと図書館へ行くには、新橋駅から浅草線で大門駅まで行き、そこから10分ほど歩きます。芝公園の一角にある図書館なので、散歩のついでに利用するという人も多いです。

地下1階から地上3階まである建物で、地下1階には読書室や飲食コーナーなど、1階には児童コーナー、中高生向けコーナー、一般書架など、2階には視聴覚室、資料室などがあります。3階は通常、一般には解放されておらず、企画展などのイベントがある時にだけ利用できるようです。1階に芝公園に面している部分があるのですが、そこが2階までの吹き抜けになっていて、開放感があります。2階に行く時には、この階段を上って行くか、エレベーターを使うかのどちらかになります。2階にはCDやDVDを鑑賞できるブースがあり、その場で映像や音源の資料を見たり聴いたりすることができます。もちろん貸し出しもしてもらえるのですが、この階にもカウンターや自動貸出機が設置されているため、わざわざ1階のカウンターに行かなくても資料を借りることができます。

図書館には珍しく、正式に「飲食コーナー」というものが設けられています。飲食できる休憩スポットを探している人にとってはもってこいの場所ですね。持ち込みのお弁当などが食べられるというだけでなく、飲み物やデザートを購入できる自動販売機まで設置されているので、充実のランチタイムが過ごせそうです。児童コーナーの奥に、授乳室やベビーシートだけでなく児童用トイレもあって、お子様連れの利用者が利用しやすくなっています。

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:日比谷図書文化館

※写真はイメージです

日比谷図書文化館は、日比谷公園内にある、図書館と博物館の機能を合わせ持っているのが特徴の施設です。新橋駅から新橋駅前まで歩いて小滝橋車庫前行きのバスに乗り、内幸町から徒歩2分のところにあります。地下1階から4階まである建物で、地下1階がレストランと大ホール、1階が常設展示室・特別展示室とショップ&カフェのあるミュージアムフロア、2階と3階が書架やカウンターがある図書フロア、4階が会議室や小ホールなど、という構成になっています。こちらの図書館には、児童コーナーが設けられていません。建物は北側の入口を頂点とした三角形の構造をしていて、そこから部屋が左右に広がっています。貸し出しカウンターは2階にありますが、1階と2階に自動貸出機が設置されているので、自分で貸出処理をすることも可能です。

地下にレストラン、1階にはカフェがあり、食事をとることができますが、これらの飲食施設も図書館の一部という扱いのようで、貸出手続きをしていない図書館資料を持ち込んで閲覧することができるそうです。コーヒーを飲みながら読書ができるのはうれしいですよね。1階のロビーにはドリンクの自動販売機が設置されたスペースがあるので、自動販売機で買ったドリンクや持ち込みの飲食物をいただくならここがいいでしょう。

日比谷図書文化館は、貴重な資料も多くあり、落ちついて本を読めるエリアが豊富で、食事を楽しんだり、ちょっとした文房具を買えるショップも入っている充実の施設です。半日くらい過ごせてしまいそうですね。帰りに日比谷公園をぶらぶらしてみるのもいいかもしれません。

 

あなただけのテイクアウトスポットを探してみてください!

※写真はイメージです

新橋駅がある港区は、セレブな土地というイメージがありますが、新橋駅周辺はリーズナブルな居酒屋が多く、親しみやすい雰囲気があります。でもよく見ると普通のスーパーなどはあまり無く、ある意味では生活感が希薄な場所と言えるでしょう。一人暮らしや単身赴任で、外食の多い人なら住んでもいいかもしれませんね。

少し足をのばせば銀座や築地にも行けますし、ここにオフィスがある人はいろいろな楽しみ方ができそうです。新橋駅周辺はオフィス街と繁華街ばかりという感じですが、探してみると休憩できそうなスポットが意外に見つかりますので、ぜひ自分だけのテイクアウトスポットを探してみてくださいね。
新橋駅周辺でテイクアウトをするならこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加