2019.03.06グルメ

高田馬場駅周辺のお勧めテイクアウト飲食スポットをご紹介します!施設編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージです。

東京都新宿区の高田馬場駅周辺は昔から学生街として知られていて、とても賑やかなところです。この辺りには学生街特有の飲食店や無料で飲食ができるスポットがいくつもあります。今回はそのようなテイクアウトグルメと無料飲食スポットについて紹介してみました。

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:高田馬場駅早稲田口ロータリーのベンチ

※写真はイメージです。

高田馬場駅を早稲田口から出ると、目の前はたくさんの商業ビルが立ち並ぶ賑やかなエリアです。そして早稲田口出口の前には、かなり広いロータリーがあって、有名な「平和の女神像」が建っています。その平和の女神像の周辺には、腰掛けることができる石造りのベンチが何台か設置されています。こちらは野外に設置されているものなので、気候が厳しい時や雨が降った時には利用しづらいという欠点がありますが、分かりやすいスポットなので気軽に利用できるというメリットも。ただ、こちらは待ち合わせ場所としてもかなり有名なので、時にはベンチがすべてふさがっている場合もあるでしょう。しかし、こちらならば特に飲食についての制約もないので、堂々と弁当やパンを食べることができます。

高田馬場のテイクアウトグルメといえば、今ブームになっているのはとんかつです。とんかつの有名店が続々と高田馬場にできたため、わざわざとんかつを食べに高田馬場に来る人が急増しています。とんかつ弁当はもちろんのこと、カツサンドなどもメニューにあるので、外で食べやすいものを頼んでみたら良いですね。また、高田馬場界隈は大学生が多いことから居酒屋がたくさんあります。夜から開店する串カツ屋、焼き鳥屋、もつ焼き屋の中にはお持ち帰りもOKの店があります。こちらのベンチならば駅の真ん前なので、そういった持ち帰りメニューを熱々のままで食べることができます。また、カレーの有名店も高田馬場には多いのですが、実はカレー店というのは持ち帰りOKのお店が多いです。ただ、カレーは冷めると美味しくないので、持ち帰りのカレーを食べるとすれば、やはりこの平和の女神近くのベンチが良いですね。

屋外の施設のため、特に使用できる時間の制限もないので、夜中などに食事をしなければいけない時もこちらのベンチならば大丈夫です。高田馬場をよく通りかかる人ならば、覚えておきたい無料飲食スポットですね。
 

 

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:高田馬場ビッグボックス9階のベンチ

※写真はイメージです。

高田馬場駅前にそびえ立つビッグボックスは昔から高田馬場の象徴として知られてきた商業ビルです。最近リニューアルされて綺麗になったビッグボックスですが、9階に休憩できるベンチが設置されています。1階には授乳室やベビーベッドもあるので、小さな子供を連れている女性の方にも何かと都合のいい施設です。もちろん、トイレもあるので、その点でも便利な無料飲食スポットです。ちなみに、ベンチのある9階は飲食店のテナントが多数入っています。もちろん、お店の中で食べてもいいのですが、ピークタイムには待ち時間ができる可能性もあるので、そんな時にはお持ち帰りにしてこちらのベンチで食べても良いですね。

ただ、こちらのスポットは色々と便利なのは良いことなのですが、目の前に飲食店が沢山ある、ということで、ちょっと弁当などは食べづらい部分もあるかもしれません。こちらで飲食するならばパンやサンドイッチなどの方が良いかもしれませんね。しかし、何といっても高田馬場駅から徒歩1分程度という抜群のアクセスの良い場所に建っていて、雨風が凌げて冷暖房も完備なので、高田馬場に来る際はこちらのベンチのことを知っていると色々と役に立つこともあるでしょう。

駅周辺のお勧めテイクアウトスポット:新宿区立中央図書館

※写真はイメージです。

新宿区立中央図書館は高田馬場エリアにある図書館で、新宿区の図書館の中では最も大きな施設となります。パソコン利用席もたくさんあるので、自分のパソコンを持ち込んで利用することができます。Wi-Fiもこちらの図書館ならば無料で利用することができます。新宿区立中央図書館で持ち込み飲食をすれば、食費が節約できるだけでなく、携帯のデータ通信量もWi-Fi利用でちょっと節約できますね。新宿区立中央図書館の場合、入り口玄関から入ってすぐのところに休憩コーナーがあります。こちらにはパンやジュースなどの自動販売機とベンチが設置されています。休憩コーナーは正式に飲食することが認められているので、堂々とお弁当を食べることができます。また、こちらの施設は4階に談話室という部屋があって、ここでも飲食することが可能です。

新宿区立中央図書館で飲食する場合、高田馬場駅からは少し距離があります。そのため、どちらかといえば、この図書館の近辺で飲食物を購入した方が良いでしょう。中央図書館は明治通りからすぐの場所に立っていますが、明治通り沿いには大手ファストフードや全国チェーンのファミレスが何軒かあります。こういったところでテイクアウトすると良いでしょう。また、コンビニも近辺に何軒かあるので、そういうところで買ったものを持ち込んでも良いでしょう。

新宿区立中央図書館は住所自体は大久保となっていますが、高田馬場から徒歩で行くことが可能です。早稲田大学の理工学部のキャンパスのすぐ近くとなります。ただ、徒歩で行くと高田馬場駅から18分ほどかかってしまいます。少し距離がありますね。バスならば都営バスの(高71)に高田馬場駅前から乗って「新宿コズミックセンター前」停留所で降りれば徒歩2分で到着します。

 

あなただけのテイクアウトスポットを探してみてください!

※写真はイメージです。

高田馬場といえば学生街というイメージが強いですが、実はJR山手線、西武新宿線、東京メトロ東西線の三つの線が交差するターミナル駅で、新宿や渋谷、池袋といった繁華街でも電車ですぐに行くことができます。そのため、通勤、通学の人たちがこちらで途中下車をして飲食をしたり、遊んだりするということもかなりある街です。昔ながらの古本屋街があったり色々と情緒も感じられるエリアです。ただ、こちらのエリアは新宿区ということで地価も高いので、飲食店もそれなりに値段の張るところが見受けられます。特に駅前周辺は飲食店もたくさんあるので、慣れるまではなかなか安い店を探すのも大変です。そのため、特に高田馬場に慣れてない人はまず、上記で紹介したような無料飲食スポットを利用して、テイクアウトグルメから始めてみましょう。節約しながら高田馬場のグルメスポットを開拓してみると、色々と新たな発見がありますよ!
高田馬場駅周辺でテイクアウトをするならこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加