2017.08.01レジャー

家族のアウトドアテント(5人~)ならコールマン「タフワイドドーム4/300」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


※画像はイメージです

 

アウトドア体験といえばキャンプですよね。

冬休みに比べて春休みや夏休みは長いですし、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの家族のお出かけにキャンプが選択肢に入ることが多いのではないでしょうか。

 

アウトドア大好き!というご家族にはぜひテントを買うことをおすすめしたいのですが、テント選びってなかなか難しいもの。

そこでこの記事では、テントを選ぶ際のポイントとおすすめ商品をご案内します。

 

テントを比較するときにはここをチェック

  1. 組み立てやすさと組み立てにかかる時間

スムーズにスマートに組み立てて、キャンプを思いっきり楽しみましょう

  1. 安全性やブランドの信頼性

テントを安心して使うためにしっかりとチェック

  1. 価格・コストパフォーマンス

テントの種類によってお値段は大きく異なります

 

以上3つのポイントでテントを比べてみたとき、4~6人家族にはコールマンの「タフワイドドーム4/300」がかなり優秀な製品だという結果にたどりつきました。

それぞれのポイントごとにご紹介していきます。

 

組み立てやすさと組み立てにかかる時間


※画像はイメージです

 

ドームテントは「テントの入門編」と呼ばれるほど、組み立てが簡単なのです。

コールマンの「タフワイドドーム4/300」は全くの初心者で40~50分、慣れれば20~30分で組み立てることができます。

 

組み立てで体力と気力を消耗してしまっては、アウトドア遊びは楽しめません。

設置や片付けが容易かどうかというポイントはとても重要です。

 

「タフワイドドーム4/300」の設置方法ですが、

  1. インナーテントを広げてテントにポールを通して持ち上げ、ポールをセット
  2. 設営位置を固定して、建てたテントにフライシートをかぶせる
  3. ペグを地面に打ち込んで、ロープをピンと張る

というたった3ステップなのです。

それでも不安という方のために、コールマンの商品ページには動画説明まで用意してあります。

 

また、ポールフックが改良され、以前のものよりさらに組み立てやすくなりました。

2017年度製品から搭載されているアシストクリップにも注目。

ひとりでの組み立てもしっかりサポートしてくれる工夫なのです。

 

安全性やブランドの信頼性

コールマンは、1900年にアメリカで創業された会社で、100年以上の歴史を誇っています。

日本にもコールマンジャパン株式会社という形で1976年に支社を設立しており、日本向け専用に設計企画された商品も扱っている、老舗のキャンプ用品メーカーです。

 

長くキャンプ用品を扱ってきた経験と、愛され続けている実績から、非常に信頼できるブランドであると言えるのではないでしょうか。

 

価格・コストパフォーマンス


※画像はイメージです

 

「タフワイドドーム4/300」は、参考価格で税込30,000円ほど。

普段、テントなどのアウトドア用品に触れる機会の少ない方には、これが高いのか安いのか、判断つきづらいかと思いますが、4~6人入れてこの価格であれば十分合格ラインといえます。

 

さらに注目すべきは耐水圧mm。「タフワイドドーム4/300」は耐水圧が2000mmです。この耐水圧が1500mm以下だと、急な雨の際に浸水する可能性が増えてしまいますが、「タフワイドドーム4/300」は2000mmあるので、急に強い雨が降ってきた場合でも安心です。

山の天気は変わりやすい、とはよく言いますが、急な雨に襲われることもしばしばあるので、ここは重要なポイントです。

 

価格も十分合格ラインで、抜群のパフォーマンスを発揮してくれる「タフワイドドーム4/300」、コストパフォーマンスは非常に良いと言えるでしょう。

 

おわりに

ここまで「タフワイドドーム4/300」がおすすめな理由を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

組み立ても楽チンで、安全性も良く、急な雨などのトラブルにも強い、とバランスの取れた良い商品だということがおわかりかと思います。

ぜひ、テントの購入を検討される際にはコールマンの「タフワイドドーム4/300」を候補に入れてみてくださいね!

 

参考情報

・商品名:タフワイドドーム4/300

・メーカー/販売者:コールマン

・サイズ、重量:使用時/約300×300×185(h)cm、収納時/約直径25×75cm、約10.6kg

・耐水圧:約2000mm(フロア/約2000mm)

・定員:4~6人

・参考価格:Amazon 29,212円(税込)※2017年7月現在

・参考URL:www.amazon.co.jp/dp/B00I0M6V1W

・メーカーURL:http://www.sbfoods.co.jp/products/catalog/products_detail.php?GDSCODE=15097

・材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)、メインポール/アルミ合金(約直径14.5mm)、フロントポール/FRP(約直径13mm)、リアバイザー/FRP(約直径8.7mm)、リッジポール/FRP(約直径7mm)

・仕様:前室、キャノピー、メッシュドア×2、ベンチレーション、コード引き込み口、ストームガード、ランタンハンガー、メッシュポケット、ギアハンモック

・付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバック

・注意:キャノピーポールは別売り(180cmが適しています)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

Y Kohei

高校時代から4年間家電量販店でアルバイト。 また社会人になってからも大手家電量販店で4年間勤続した家電に関するエキスパート。 また、2児の父でもあり、子育てに関する情報収集に余念がない