2018.01.08レジャー

恐竜とアスレチックが子ども達をお出迎え!「埼玉県こども動物自然公園」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県こども動物自然公園

※画像はイメージです

 

「時間があるときは、できる限り子どもをどこかへ遊びに連れていってあげたい」という親御さんは多いでしょう。そんなときにおすすめしたいスポットの1つが「埼玉県こども動物自然公園」です。

 

「埼玉県こども動物自然公園」は、遊びにかかる費用もさほど高くなく、それでいて恐竜やアスレチックがあって存分に楽しめる、子ども連れに最適なレジャースポット。今回は、「埼玉県こども動物自然公園」の魅力についてご紹介します。

 

「埼玉県こども動物自然公園」はお財布にうれしい料金設定

楽しく遊べてコストパフォーマンス良し

※画像はイメージです

 

子どもと遊びに行くとなると、なにかと心配なのが費用面です。遊園地や映画館は子どもが喜ぶ楽しいスポットの1つですが、毎週のように通っていたら家計に響くかもしれません。

 

「埼玉県こども動物自然公園」は、子どもも楽しく遊べてコストパフォーマンスも良いスポットです。入園料は大人510円、小人210円で小学校未就学児は無料になります。この料金設定であれば、大人2人と小人2人の4人家族で遊びに行っても、2,000円でお釣りが来ます。また、30名以上の団体になると大人410円、小人は170円です。子供会などで利用するときに良いでしょう。

 

恐竜のモニュメントやアスレチックがある

恐竜モニュメントやアスレチックあり

※画像はイメージです

 

「埼玉県こども動物自然公園」は、レジャー施設としてもおすすめで、子どもが楽しく遊べるコーナーやモニュメントがあります。

 

中でも、おとぎ話の古城を思わせる「こどもの城」は公園内でも人気を集める施設です。こどもの城の1階には、ファンタジックな世界観が面白い「けやき大王と森のオーケストラ」と、大人もワクワクする「マンモスの化石発掘体験」があります。2階には、「えほんのどうぶつえん」や「ヘビのすべり台」などがあり、そこで遊ぶ子ども達のにぎやかな歓声が絶えない施設です。

 

また、「埼玉県こども動物自然公園」の広い園内には、恐竜コーナーも存在します。雑木林の中に現れるブラキオサウルスは、今にも動き出して木々に茂る葉を食べ出しそうな迫力です。他にもトリケラトプスやティラノサウルスなど、人気の恐竜モニュメントがたくさんあるため、ジュラ紀や白亜紀にタイムスリップした感覚が味わえるでしょう。子どもだけではなく、大人でも興奮してしまいそうですね。

 

広大な敷地を有する「みんなの広場」では、子どもが走り回れる自由広場やアスレチック、ジャブジャブ池、野外ステージがあります。1日中滞在しても飽きないほど、遊びのスポットが盛りだくさんです。

 

動物へのエサやり・乳しぼりで、ふれあい体験

子どもと動物のふれあいは、ご家族にとっても幸せのひとときではないでしょうか。

 

「埼玉県こども動物自然公園」では、ペンギン・ヤギ・ポニーのエサやりや、「乳牛コーナー」での乳しぼり体験ができます。さらに「なかよしコーナー」として、モルモットやウサギとふれあえる場所も完備。

 

動物に触ったり抱っこしたりすることで、動物を思う優しい気持ちを育むことにつながるでしょう。子ども達にとっても、貴重な経験といえます。

 

おわりに

「埼玉県こども動物自然公園」の園内には、こどものお城や恐竜のモニュメントをはじめ、アスレチックや自由広場などがそろう、楽しいレジャースポットです。また、ポニーやヤギ、ペンギンにエサやり体験もできるため、子どもと動物のふれあいをカメラに収めるチャンスも。

自然と遊びが融和した子どもの楽園「埼玉県こども動物自然公園」を、お出掛けの候補に加えてはいかがでしょうか。

 

参考情報

    • 施設名:埼玉県こども動物自然公園
    • 住所:埼玉県東松山市岩殿554
    • アクセス
      電車やバス:東武東上線高坂駅から徒歩約30分

      または鳩山ニュータウン行きバス(大人180円:所要時間約5分)で

      こども動物自然公園下車。

      関越自動車道東松山ICから5km。

      関越自動車道鶴ヶ島ICから国道407号、

      東松山方向、高坂神社(東)交差点を鳩山方向へ3km

    • 電話番号:0493-35-1234
    • 公式URL:http://www.parks.or.jp/sczoo/index.html
    • 営業時間や定休日:毎週月曜日(休日のときは開園)

※営業期間、営業時間などは変更になる場合があります。お出掛け前に公式サイトをご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加