2019.05.22買取

桐タンスを使った着物の保存方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは桐タンスでの着物の保存方法などに関する情報をご紹介していきます。着物の保存ではいろいろと気を付けなくてはならない事が多数あります。大切な着物をしっかりと適切な方法で保存し長持ちさせるためにもご紹介する情報をぜひ参考にして頂けると嬉しいです。ご紹介する情報は一部の情報なので他の情報を知りたい方は調べてみてください。

<1.着物を保存するときの桐タンスの役割>

◆着物を保存するときの桐タンスの役割とは?桐タンスの役割をご紹介します。

桐タンスは害虫の虫食いなどから守ってくれる役割を担っています。タンスに入れずにそのままの状態で着物を保存してしまうと、虫に食われ着物がすぐに傷んでしまう危険性が高まります。

桐タンスは少し高価な代物ではありますが、しっかりと役割を担っておりしっかりと衣服、着物を守ってくれます。なので購入する事をおすすめします。そして、桐タンスはとても長持ちするので一度買えば何十年も使える物になります。なので購入しても損はないと思います。

また、桐タンスはオーダーメイドも可能です。なので、自分の好み、目的に合わせてオーダーメイドも可能なためもし購入を検討している方はオーダーメイドも考えてみて下さい。世界に一つしかない自分だけの桐タンスを購入してみてはいかがでしょうか。

桐タンスと一緒に防虫剤を一緒に入れておくといいでしょう。そうする事によって二段階で害虫から着物を守る事ができます。着物は大変高価な物なので大切に扱い長持ちさせましょう。桐タンスの購入を検討されている方はいろいろ調べてみましょう。

<2.着物の保存に適している桐タンスの値段は?>

◆着物の保存に適している桐タンスの値段は?桐タンスの値段をご紹介します。

桐タンスは物によって大きく値段が変動してきます。安くて10,000円程で購入できるものもあり、高価なものになると100,000円程の物からそれ以上の物も存在します。木の素材や大きさなどによって値段が変化してきます。

また、オーダーメイドの場合、作業料などの本体価格とは違った料金がかかってくるので、しっかりと調べてからオーダーメイド、注文をするようにしましょう。

機能性としてはほとんどの物に差はあまりありません。が、木の素材などによって少し変わってくる場合があります。そして、値段も素材によって変動してくるため注意が必要です。いい素材程桐タンス自体が傷みにくくなるなどのメリットがあるためそのあたりの情報も調べてから購入するようにしましょう。

桐タンスをもうすでに持っていて長年使いこんで傷んでしまった際に再生させてくれる業者さんも存在します。長年使っていると愛着もわいてくると思います。なので同じものを使いたいという方は再生も視野に入れて考えてみる事をおすすめします。

<3.桐タンスを使用した着物の保存方法とは?>

◆桐タンスを使用した着物の保存方法とは?着物の保存方法をご紹介します。

桐タンスは引き出しが付いていて一般的なタンスと見た目、使い方はあまり変わりません。なので通常通りのタンスの使い方をしていれば大丈夫です。

タンスにしまう際はたとう紙を着物に巻いてしまう事をおすすめします。たとう紙はカビなどの発生を防ぐ効果があります。また、表面がデコボコしているためしわ防止の働きもしてくれます。なので着物に巻いてから桐タンスにしまうようにしましょう。

巻き方は三つ折りにして巻くと良いでしょう。着物を購入した際に必ずついてくるのでそのまま使用してもいいと思います。もし使い古してしまいボロボロな場合は新しいものを購入し巻くようにしましょう。

桐タンス自体も通気性が良くなる作りになっていますがこういったアイテムを併用していくとトラブルを大きく防げると思います。

たとう紙は着物を販売しているお店やネットなどでも購入可能になっています。デザインにもいろいろな種類があるため自分の好みの物を探してみると楽しいと思います。ですが機能性としては一緒なので注意しましょう。

<4.桐タンスで着物を保存する際のアドバイス>

◆桐タンスで着物を保存する際のアドバイスをいくつかご紹介します。

着物の保存の際には防虫剤やたとう紙などいろいろなアイテムを一緒に使用するといいです。そうする事によって虫食いなどの害虫被害、しわ防止、カビなどの防止につながり、着物をより長持ちさせることができます。油断をしているとすぐに傷んでしまいダメにしてしまいます。なのでこういったアイテムを一緒に使用するようにしましょう。

また、桐タンスの中はこまめに掃除をしましょう。着物にほこりなどが付着してしまうのを防ぐためでもありますが、菌などの発生、繁殖を防ぐことにもつながります。また、掃除の際桐タンスを開ける事によって通気性がよりよくなり害虫、菌の増殖を防ぐことにもつながってきます。なのでしっかりとこまめに掃除を行うようにしましょう。

掃除を行う際は一度着物を外に出してから掃除をしましょう。その際に防虫剤を使ったりするといいと思います。防虫剤を使用し中にいるダニなどの害虫を殺虫し、着物へのダメージの危険性を減らしていくようにしましょう。

<5.着物の保存方法のまとめ>

◆ここまでご紹介した桐タンスについての情報をまとめてご紹介します。

桐タンスは単体で使用しても十分に効果があるものにはなりますがアイテムと併用する事によって着物をより長持ちさせることができるという事がわかっていただけたと思います。とくに、とても高価な着物の場合はアイテムを使用するようにしましょう。

アイテムには様々な種類のものが存在するのでネットで調べたりホームセンターに直接行ってみてみましょう。是非着物の保存法で悩んでいる方はご紹介した情報を参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加