2019.05.24買取

着物を保存する上でたとう紙は重要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保存する上でたとう紙はどんな役割をしているのか。また、たとう紙はどういったアイテムなのかなど、たとう紙と着物の関連性についての情報を皆さんにご紹介していきたいと思います。

着物を購入した際にどうして紙にくるまっているのかと疑問に思った方は多いと思います。疑問に思った方はご紹介する情報を是非見ていただけると嬉しいです。

<1.着物を保存する時のたとう紙の役割>

◆着物を保存する時のたとう紙の役割とは?役割についてご紹介します。

まず、たとう紙って何?と思う方もいると思います。たとう紙は着物を購入した際に、着物が巻かれている紙の事です。なぜたとう紙が巻かれているのかというと、たとう紙は厚手の和紙に渋や漆などを塗り、三つ折りにする事で、着物の付属品などを落ちなくする役割を担っています。

また、和紙でできているため、通気性が良く、カビなどの発生を防いでくれるという役割も持っています。そして、表面がデコボコしているため、しわなども防いでくれる役割もあります。

このように、たとう紙はただの紙ではなくいろいろな役割を担っている、とても重要なアイテムになっている事がわかります。着物の保存の際には必須のアイテムと言えると思います。なので着物の保存の際には用意しましょう。

今までたとう紙って何だろうと疑問に思っている方も多くいたと思います。たとう紙単体でもいろいろな役割がありましたが、桐タンスや他のアイテムと組み合わせて使用する事で、より着物に負荷をかけず、長持ちさせることに繋がります。うまく組み合わせて使用する事をおすすめします。

<2.たとう紙の値段はいくらするの?>

◆たとう紙の値段はいくらするの?たとう紙の値段をご紹介します。

たとう紙は、数枚セットで販売されている事が大半で、10枚セットでおよそ1,000円程で販売されています。質の良い物や枚数によって値段は上下し、高いものは4,000~5,000円のものもあります。

また、百円ショップでも販売があるようです。ですが、質が良いという保証はないため、不安な方は購入する事をおすすめしません。ですが、同じたとう紙なので、多少の効果はあると思います。

その他に、たとう紙の購入は呉服店やインターネットなどで購入する事ができます。しっかりと質や値段を確認してから購入するようにしましょう。もし確認を怠って購入してしまうと、トラブルが起きてしまう可能性もあります。さらに、個人から購入する場合は、破れていないかなど商品の状態も確認するようにしましょう。

購入する際にもう一つ調べなくてはいけない事は、商品の枚数など個数です。商品の見出しには10枚セットと書いてあっても、実は詳細には違う事が書いてあるという場合も時々あります。しっかりと詳細を確認するようにしましょう。

<3.たとう紙を使った着物の保存方法>

◆たとう紙を使った着物の保存方法とは?保存方法をご紹介します。

桐タンスなど、通気性の良い場所で着物をたとう紙に包んで保存する方法をおすすめします。たとう紙は通気性がよく、単体でも効果を発揮するアイテムにはなっていますが、桐たんすなどの通気性が良い場所で保管する事によって、たとう紙の効果を強めてくれます。しっかりと通気性の良い場所で保存するようにしましょう。

そして、一緒に防虫剤も使うととてもよいです。そうする事によってダニなどの害虫を撃退する事ができ、たとう紙の効果+防虫剤の効果でより効果を強める事ができ、着物を守る事ができますので、この方法で着物を保存する事をおすすめします。

着物はとても高価なものが多いため、長持ちさせたい方も多いと思います。しっかりとした保存方法で保存し、長持ちさせられるようにしましょう。

また、着物を購入する際にたとう紙は付属して付いてきますが、長く使っていると劣化し、効果が薄まってくる可能性があるため、着物の購入時に一緒に予備のたとう紙を購入しておくと、後から購入する手間が省けるのでおすすめします。

<4.たとう紙を使う時のアドバイス>

◆たとう紙を使うときのアドバイスをいくつかご紹介していきます。

たとう紙にも表と裏が存在します。効果が薄れたりなど悪影響はほとんどありませんが、商品の説明書きの部分に記載されているため、しっかりと読みましょう。

そういった意識をする事で、説明書きを読む癖がつき、他の情報も目に入るようになり、トラブルへの発展を減らすきっかけにもなります。なのでしっかりと読むようにしてください。

そして、使用方法や保存方法、使用期間など、説明書きに記載されている場合はしっかりとそれに従うようにしましょう。記載の使用期間以内に使用しなかったり、指定の保存方法で保存していなかった場合は、効果が薄れてしまう可能性があります。そして、薄れている事に気付かず使用してしまうと、トラブルに発展してしまう可能性があります。

なお、使用期間を過ぎてから使用すると効果が薄れていたり、効果が無くなってしまっている場合もあります。そのまま使用し効果が元々ない、不良品だ。と勘違いしてしまっていろいろな問題の発端となってしまう危険性もあります。

<5.まとめ>

◆ここまでご紹介したたとう紙についての情報をまとめてご紹介します。

たとう紙についていろいろとご紹介しましたが、たとう紙について知っていただけたでしょうか?

たとう紙にはいろいろな役割があり、使用上の注意などもたくさん存在しています。購入の際に気を付けなくてはいけない事もあるため、購入を考えている方はまずご紹介した注意点などをしっかりと把握しておきましょう。ご紹介した情報を是非参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加